2008年07月31日

夏のごはん・冷たいポタージュスープ

みなさん、こんにちは。みるきーです。

晴れ毎日暑いですね。
こう暑いと、お昼ごはんや夕方の炊事がいやだなあ〜と思いませんか?
自分だけなら冷蔵庫の残り物やインスタントでササっとすませてしまいたい。
そうはいっても、世間では夏休み真っ最中、
お子さんのいるお家では、子供たちがいっぱい遊んで
お腹を空かせてお昼ごはんを楽しみにしています。

Wismでは夏休みのお昼ごはんレシピやアイデアの話題があがっていますね。

「いどばた会議室」夏休みの昼ごはん。

さて、みるきーも少々夏バテ気味です。
原因は子供が夏風邪をひいて長引いているので
毎晩何度も起こされて寝不足なのです。ふらふら
みるきーも子供も食欲もあまりないので体調を崩したら困るなあ・・・
という訳で、こんなものを作ってみました。
soup.jpg
冷たいポタージュスープ

〜材料〜
●ジャガイモ(中2〜3個くらい)
●玉ねぎ(大1個くらい)
●カボチャ(大1/8個くらい)
●固形ブイヨン(1/2〜1個くらい)
●水(300ccくらい)
●塩・コショウ
●生クリーム(200cc…1パック)
●牛乳(スープの濃さ適量まで)

〜[ 作り方 ]〜

1.じゃがいもの皮をむいて薄いイチョウ切り。玉ねぎも皮をむいて
根の部分を取り除いてから薄切り。カボチャは緑の皮の部分をむいて
薄切りにし、全てを鍋に入れサラダ油少々で炒める。
2.野菜が炒められたら、固形ブイヨンを入れて水を
ひたひたになるくらい入れてやわらかくなるまで煮る。
3.やわらかくなったら、ジューサーミキサーにかけるか、
ミキサーがなければこしきでこす。
4.こした野菜スープを容器に入れて荒熱を取ってから
冷蔵庫でしっかり冷やす。
5.冷えた野菜スープに生クリームを入れて混ぜ、次に牛乳を入れて
好みの濃さまでのばす。塩・こしょうで味を調えて、
食べる直前に冷やしたカップに注いで食卓レストランに出しましょう。

4.まで作って冷蔵庫に入れておけば、食べる時に5.だけで簡単です。
カボチャの代わりに入れる野菜を、とうもろこしやニンジンにしても
良いかもしれません。

冷たいスープは、夏の食欲のない時にお助けの一品になります。
よければ一度お試しくださいね。わーい(嬉しい顔)

posted by スタッフ at 17:20| Comment(0) | TrackBack(0) | みるきー日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。